トイレの水漏れを最短30分〜迅速解決

トイレ・便器の水漏れの解決・解消

トイレから水が漏れる状況は滅多にありませんが、いざ起きてしまうと大変です。

水が漏れている間はトイレが使えませんし、また水が漏れているので床も濡れてしまいますので、一刻も早く解決したいものです。

トイレの水漏れを解決する方法は、大まかには以下の方法があります。

  • 水が漏れている箇所をドライバーで締める
  • 漏れている原因を見極めて、部品を交換する

自分で出来る修理もありますが、作業時間・確実性を考えると、水漏れを見たら早急に専門業者に依頼する事が近道です。

大阪の町の水道屋さん24hでは、これらの作業方法を完備しています!

ウォシュレットの水漏れ修理は、専門知識を持った業者にお任せ!

ウォシュレットからの水漏れは大阪の町の水道屋さん24hへ!

便器やタンクの水漏れは、軽度の水漏れだと部品交換だけで完了します。 しかし、ウォシュレットは電気配線・取り付け方法など専門知識が必要なため、自分で修理を試みるよりも、弊社「大阪の町の水道屋さん24h」に依頼するのが安心です。 ウォシュレットの水漏れは「水が漏れている量・水の勢い」で判断します。 漏れている水の量が多く、勢いが強い場合は便器が損傷している可能性が高いので、部品交換ではなく、便器本体を交換する事となります。 ちなみに、漏れている水が少ない場合・勢いが弱い場合も、ウォシュレットの構造は難しいので、弊社「大阪の町の水道屋さん24h」にお任せください!

水回りの修理には、まず水を止める事は欠かせません。

真っ先に「水道の元栓」を止めましょう。

トイレの水漏れは様々な原因で発生しますが、その前にやるべき事があります。 それは「水道の元栓」を締める事です。元栓を締めておかないと、部品を交換する時に水漏れが発生する可能性があります。 併せて、元栓を止めた時に水が出ていた箇所も確認しておきましょう。 事前に水漏れ箇所を確認しておくと、部品交換をする時に効率的に作業が行えます。 ちなみに、水道の元栓を締め忘れた事による、水浸しなどの「二次被害」もありますので、確実に元栓は締めましょう。

効果的な補修で、水漏れ対策はバッチリ!

便器と床の間からの水漏れは「フランジパテ」の交換!

トイレの水漏れは、水を通す管から発生するとは限りません。 便器本体の損傷・タンクの破損なども原因として考えられますが、その中でも「便器と床の間」も水漏れを起こす可能性がある箇所です。 その場合、考えられるのが「フランジパテ」の劣化です。このフランジパテは、便器と排水管をつなぐ部品の事で、主に水漏れを防ぐ効果があります。 しかし、長い間使っていると硬さがなくなっていき、次第にひび割れが起き、最終的には割れて水漏れが起きます。 フランジパテはホームセンターなどでも販売していますが、作業に不安がある方は専門業者「大阪の町の水道屋さん24h」にご連絡下さい!

  • 年中無休 24時間受付中
  • 0120-45-3150
  • > 0120-45-3150
    • 大阪府八尾市本町1丁目1−1−1
  • VISAMASTERAMEXSAISON